無料ブログ作成サービス JUGEM
『十月圍城』、プロモーション攻勢開始!
 JUGEMテーマ:華流

 10月15日、陳森が監督を務める映画『十月圍城』が北京で決起集会を行った。甄子丹(ドニー・イェン)、王學圻(ワン・シュエイン)、梁家輝(レオン・カーファイ)、謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、胡 軍(フー・ジュン)、曾志偉(エリック・ツァン)、李宇春(クリス・リー)、任達華(サイモン・ヤム)、范冰冰(ファン・ビンビン)、周韻(チョウ・ユン)、巴特爾(バートル)、王柏傑(ワン・ボーチェ)、李嘉欣(ミシェル・リー)、黎明(レオン・ライ)など14名のスーパースターが集合したこの大会には主要メディアの代表も参加し、主演の王學圻、王柏傑と梁家輝を囲んで宣伝活動への協力を誓った。会場では8分間のダイジェストも放映されたが、『十月圍城』は今後12月18日までの間"陸・海・空"から宣伝攻勢をかけるとのことだ。

 この日はまさに『十月圍城』の物語が起きた日でもある。103年前のこの日、8名の義士が自らを犠牲にして会ったこともない孫中山への忠義心を証明したのだ。香港中環で500名の敵と血まみれの戦いを繰り広げたのが1906年の10月15日だった。

 ドニー・イェンは屋根から屋根へと軽やかに動き回り、ニコラス・ツェーは敵に捕えられ360度空中を振り回される。李宇春が爆薬を背負い飛ぶように走れば、バートルは次々に刀身を受けながらも決して怯まない。王柏傑は降り注ぐ矢の中を縦横無尽に突き進み、王學圻は自らの身を火の海に投じる。レオン・カーファイは傷だらけで屋根から落ち、任達華は敵に取り囲まれる…すべてのシーンがエキサイティングだ。陳徳森監督は「もしみなさんが計測してみて戦闘シーンが60分なければ、チケット代はお返しします」と言うほど自信を持っている。

 10月15日からのプロモーションには香港での点灯式も予定されている。主題歌は李宇春が歌い、五大メディアでは10分に渡る予告編が放映される。ファッション誌の表紙を飾ったり関連商品の販売、試写会の開催など、プロモーション費用には6000万元が計上される。


| clearbluejellyfish | 台湾男性タレント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
王心凌と楊丞琳、ドラマで対決!?
 JUGEMテーマ:華流

 中視のドラマ『桃花小妹』と華視のドラマ『海派甜心』が間もなく対戦となる。ドラマの中で王心凌(シンディー・ワン)と楊丞琳(レイニー・ヤン)の2人は愛らしい外見だけでなく、キスシーンでも注目されている。レイニーは「シンディーとは友達だし、汪東城(大東、ジロー)とも共演したことがある。でも勝負となれば友達でも知らない人でも関係なく、遠慮するわけにはいかないわ」
 
 レイニーがこう言えばシンディーも黙ってはいない。『桃花小妹』で大東、辰亦儒(チェン・イールー、ケルビン)の2人とのキスシーンがあるが、彼女にとっては今までで一番キスシーンの多いドラマだという。シンディーに感想を尋ねたところ、淡々と「キスはキスでしょう?」とのこと。だがシンディーはキスシーンのたびに人払いをする、と大東に暴露され、「私だって恥ずかしいの!」と頬を赤くしていた。

 大東とレイニーは『愛就宅一起』で共演したが、どちらとのドラマがやりやすいか尋ねられた大東は「2人とも同じくらいかな…一人は甘い雰囲気だしもう一人は可愛くて、僕には選べないよ」と答えた。
 
 レイニーと羅志祥(ショウ・ルオ)は昨日『海派甜心』のポスター撮りを行った。2人は同門で兄妹のような関係だが、ドラマでは恋人同士を演じなくてはならず、口々に変な気分だと話した。獅子座のショウ・ルオは勝気な面があり、自らを「キス王」「おんぶ王」「ドライブ王」「泣き虫王」と称し、レイニーも「ショウは私が出会った中で一番おんぶが上手だし、ショウの運転なら車酔いもしない。それにすぐ泣けるタレントだわ」とその言葉を保証した。

 数年前この2人は不仲が伝えられたが、これについて昨日2人が釈明した。当初は噂話が原因で誤解が生まれたそうだが、最後にはレイニーがショウ・ルオに尋ねた。「私たち、今なにか誤解してることがあるかしら?」それに対してショウ・ルオは「レイニーの質問はストレートだから脅されてるみたいだよ。でも表面的にはとぼけておいて、『あるっけ?』なんて答えるんだ」と冗談を言った。2人の関係はすっかり修復されたようだ。

 シンディーと黃靖倫はドラマ中で兄妹に扮するが、偶然にも12月の同じ日にアルバムを発売することになっている。このことについてシンディーは「いいことだと思うわ!音楽界はずっと低迷してるから、私たちにかかってるのかも」と笑った。
| clearbluejellyfish | 台湾女性タレント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
徐若瑄(ヴィヴィアン・スー) 『全城熱恋』で与吴彦祖と共演
JUGEMテーマ:華流

徐若瑄(ヴィヴィアン・スー)が主演する恋愛映画『全城熱恋』が撮影のピークを迎えている。この映画にはヴィヴィアン以外にも吴彦祖(ダニエル・ウー)、張学友(ジャッキー・チュン)、劉若英(レネ・リウ)など主演級のスターたちが出演する。この映画は6話のストーリーで構成され、初共演となるヴィヴィアン・スーとダニエル・ウーがカップルを演じる。

『火龍』で主要キャストの一人を務めたばかりのヴィヴィアン。今回は陳国輝と夏永康という著名映画監督の要請を受け、ハリウッドの投資を受けたこの大作映画の出演となった。ダニエル・ウーとの恋愛は美食をキーワードに繰り広げられるが、トップブランドの衣装やアクセサリはヴィヴィアンのイメージをより高貴なものにするだろう。

 2人の映画中の会話は普通話と広東語が使われ、ヴィヴィアンにとっては初の広東語での映画となる。6話のストーリーはそれぞれ北京、香港、深圳を舞台にしていて、その多くは公開撮影となる。ヴィヴィアンとダニエルは香港で撮影するが、これについてはマスコミの取材は受けない方針だ。この2人のストーリーは6話の中で最も激しい話だとのことだが、そのシナリオについてまだほとんど公開されておらず、ファンたちの関心を集めている。

| clearbluejellyfish | 台湾女性タレント | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |